動向と今後の対策

マーケティングオートメーションはまだ始まったばかりで名前すら知らない人も多い事に加えて、導入はしてみたものの使い方がわからないという声がいいたるところで聞こえてきます。使い方とすばらしい機能が知れ渡ってくればこれらの問題は解決していくはずですし、世界レベルで低迷を続ける経済も急速に成長していくはずです。

マーケティングオートメーションはマーケティングを自動化する事が目的です。それによって最小の人材と手間で期待以上の収益を生み出すばかりか、集客をも自動的に生みだしさらに次の流れへとつながっていく点にあります。かつて“寝ながら儲けを出す”というキャッチフレーズがネット上で流行りましたが、それを堂々と現実化してくれるのがMAなのです。実際に導入されている業種はIT系・コンサルタント系・製造業系と多岐にわたっている事が、大手コンサルタント業者のリサーチで明らかになっています。

しかも半数以上が中小企業ですからランニングコスト面から見ても、経費に負担をかける事無く導入できるものである事がわかります。IT系列やコンサルタント系はともかく製造業界で進んでいる根拠はどこにあるのか不思議に思われるのですが、MAの機能としてとかく複雑になりがちな流通過程を簡略化して、スムーズにしてくれるという面が上げられます。特にいくつもの部門に分かれているような所に有効である事は明白です。ただしまだまだ正しく使うためのプロセスが不明瞭である事や情報の不備などで、本領を発揮していない状況が続いていますから、セミナーなどに積極的に参加してノウハウを理解する事や、失敗のない業者選びをしていく事が重要です。