動向と今後の対策

マーケティングオートメーションはまだ始まったばかりで名前すら知らない人も多い事に加えて、導入はしてみたものの使い方がわからないという声がいいたるところで聞こえてきます。使い方とすばらしい機能が知れ渡ってくればこれらの問題は解決していくはずですし、世界レベルで低迷を続ける経済も急速に成長していくはずです。

マーケティングオートメーションはマーケティングを自動化する事が目的です。それによって最小の人材と手間で期待以上の収益を生み出すばかりか、集客をも自動的に生みだしさらに次の流れへとつながっていく点にあります。かつて“寝ながら儲けを出す”というキャッチフレーズがネット上で流行りましたが、それを堂々と現実化してくれるのがMAなのです。実際に導入されている業種はIT系・コンサルタント系・製造業系と多岐にわたっている事が、大手コンサルタント業者のリサーチで明らかになっています。

しかも半数以上が中小企業ですからランニングコスト面から見ても、経費に負担をかける事無く導入できるものである事がわかります。IT系列やコンサルタント系はともかく製造業界で進んでいる根拠はどこにあるのか不思議に思われるのですが、MAの機能としてとかく複雑になりがちな流通過程を簡略化して、スムーズにしてくれるという面が上げられます。特にいくつもの部門に分かれているような所に有効である事は明白です。ただしまだまだ正しく使うためのプロセスが不明瞭である事や情報の不備などで、本領を発揮していない状況が続いていますから、セミナーなどに積極的に参加してノウハウを理解する事や、失敗のない業者選びをしていく事が重要です。

導入するメリット

分析や顧客管理ツールのたぐいは大手SNSにも導入されているように、ネットユーザーを拡大したい人には不可欠なツールである事は言うまでもありません。特にSOHOでの収益をあげたい人の多くが、SEO対策を行っていくために必ず実施している事の1つに、ウエブマスターツールの活用があります。これは主要検索エンジンで設置されているウエブマスターサイトに、自社ホームページを登録する事によって、検索エンジンの上位で検索してもらうようにする作業です。

かつて複数の検索エンジンに登録して1ヶ月ないし2ヶ月とひたすら忍耐して社名がエンジン上にアップされるまで、固唾をのんで待っていた時代とは違い、さらに戦略的にマーケティングを行っていくための重要な作業として位置づけられていましたが、ここでも分析や解析が欠かせませんでした。しかし常にパソコンの前に張り付いていなければならず、毎日数字をひたすら追いかけねばなりません。その上各種ツールをそれぞれ別個にダウンロードしなければならず、コストも手間もかかります。

そうした事が壁になって各種ツールがうまく機能せずに宝の持ち腐れとなっているケースが目立ちますし、的確な人材さえも見つけられないままほぼお手上げ状態となっています。マーケティングオートメーションはこれらのすべてのツールが実装されていますから、一括で管理する事ができます。特に重要な機能は分析・解析です。はじき出されたデーターから次のアクションにつなげるための対策をスムーズに立ち上げる事ができるのです。クラウド型にする事によってより高い効果をもたらします。

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションは近年注目を集めているシステムですが、まだ充分に知れ渡っているとは言えず言葉さえ初耳という方がほとんどです。ネットを開けばセミナーやオンライン講座の案内が少しずつ目立つようになっていますから、各業界に浸透していくのは時間の問題です。実際に導入した企業の多くが確実に一歩前を進んでいる様子が見て取れますし、マーケティングオートメーション効果の大きさをより多くの事業家らが実感する事によって、さらに拡大が進むはずです。

他社に後れを取らないためにもマーケティングオートメーションについての見識を深め導入を検討してみる事は大切です。改めてマーケティングオートメーションとはなんぞやという所から見つめ直してみます。英語名ではMarketing Automationと表記し日本では頭文字をとってMA(エムエー)と呼ばれますが、文字通りマーケティングを自動化したシステムもしくはソフトそのものを意味します。

古いタイプの企業戦士たちは“営業は足で行うものだ”と教えられてきたはずです。実際足を棒のようにして家から家へ法人から法人へと、抱えきれないほどのファイルと自社製品持参で、先の見えない途方もない数の訪問を繰り返してはわずかな成功に歓喜していた事を思い出してみてください。さらに効率よく楽なマーケティングを目指して次に試みたのは、テレフォンアポイントメントでした。

これらは今どうなっていますか。行き過ぎたテレアポと訪問販売は法規制されてますます不穏な先行きの時代遅れな産物となりつつあります。ITの進歩でメール配信やライティングおよび各種フォームさらに解析・分析ソフトなど、HTMLを勉強した人にはお馴染みの、ホームページ作成ツールがさかんに活用されるようになりました。MAとはまさにこれらツールをフル活用してマーケティングに生かしていく次世代システムなのです。